静岡県掛川市二の丸美術館

  • お知らせ
  • 美術館について
  • ご利用案内
  • 展覧会
  • 所蔵品
  • ミュージアムサポーター

これまでの展覧会

これまでの展覧会

掛川市民芸術祭優秀作品展、二の丸美術館収蔵品 ~おもしろ楽しいアート展~、スケッチ画公募作品展 <終了しました>展示会の詳細を見る

掛川市民芸術祭優秀作品展、二の丸美術館収蔵品 ~おもしろ楽しいアート展~、スケッチ画公募作品展 <終了しました>

開催期間
平成30年11月10日(土)から平成30年12月9日(日)まで

本展覧会は、「掛川市民芸術祭優秀作品展」、「二の丸美術館所蔵品~おもしろ楽しいアート展~」、「スケッチ画公募作品展」の3つのテーマからなる展覧会です。

「おもしろい」という言葉には、文字どおり、声を出して笑ってしまうような愉快さを表現する意味の他に、「興味をひかれるさま」、「一風変わっている」、「滑稽な」、「あっと驚く」などさまざまな意味が含まれます。「二の丸美術館所蔵品~おもしろ楽しいアート展~」では、新しく当館に収蔵された現代根付のお披露目と、当館所蔵品より絵画、工芸品などジャンルの枠を超えた作品を展示し、作品に込められた思いや作家の創意工夫をご紹介します。

「掛川市民芸術祭優秀作品展」では、今年度出品された絵画、彫刻・手工芸、写真、書道の4部門の優秀作品37点を展示します。この2つの展覧会に加え、「スケッチ画公募作品展」では、「家族・友達の顔、動物、花」をテーマに公募したスケッチ画が、賑やかにロビーを彩ります。市民の皆様の芸術活動の発表と、美術館の楽しい所蔵品をお楽しみください。

A4_おもて-001

 

A4うら-001

 

 

 

観覧無料
休館日:11月26日(月)

【開催中】掛川城と高知城 山内一豊と歴代城主ゆかりの遺品<終了しました>展示会の詳細を見る

【開催中】掛川城と高知城 山内一豊と歴代城主ゆかりの遺品<終了しました>

開催期間
平成30年9月8日(土)から平成30年11月4日(日)まで

お城展_チラシ_表1_低画質

掛川市二の丸美術館の開館20周年を記念し、戦国武将山内一豊(やまうちかつとよ)と太田侯などの歴代城主ゆかりの作品を展示いたします。
山内一豊は、豊臣秀吉の臣下として天正18年(1590)に掛川に封入、10年間東海道の守り役を果たしました。関ヶ原の戦いでは徳川家康の東軍に加担、戦後は土佐20万石の大名へと出世しました。
江戸時代に入ると、掛川藩は様々な大名が入れ替わりますが、延享3年(1746)から明治維新まで、太田侯が安定して掛川藩を治めます。
太田侯の治世約120年間に、教養館・掛川藩校の設立、そこで指導に当たる教授として当時屈指の学者であった松崎慊堂(まつざきこうどう)を招聘、また谷文晁(たにぶんちょう)・渡辺崋山(わたなべかざん)に学び、福田半香(ふくだはんこう)の師に当たる村松以弘(むらまついこう)をお抱え画師とするなど、学問と文化が振興しました。
戦国時代の山内一豊の活躍から、太田候による学問・文化が花開いた江戸時代までの掛川を紹介する展覧会です。

永田 萠 -夢みるチカラ-  <終了しました>展示会の詳細を見る

永田 萠 -夢みるチカラ-  <終了しました>

開催期間
平成30年7月7日(土)から平成30年9月2日(日)まで

「カラーインクの魔術師」と称され、イラストレーター、絵本作家として活躍する永田萠の作品展を開催します。永田萠は「花と妖精」をテーマに、透明感と色鮮やかな作風で画業40年を過ぎた現在も第一線で活躍し、絵本、画集、エッセイなど160冊余の著作を出版、国内のみならず海外でも作品展を開催しています。
掛川市では、2013年に世界農業遺産に認定された「茶草場農法」を題材にした絵本『ふわりとチャバ』(2015年発行)を制作して頂きました。
本展覧会では、童話など絵本の挿絵となった作品や絵画、絹絵とともに、掛川市東山地域を舞台に描かれた『ふわりとチャバ』の原画も展示されます。
この夏、愛らしい妖精や色とりどりの花々あふれるファンタジーの世界を、ご家族はそろってお楽しみください。

男も女も装身具-煙草入れと櫛かんざしの美- <終了しました>展示会の詳細を見る

男も女も装身具-煙草入れと櫛かんざしの美- <終了しました>

開催期間
平成30年4月21日(土)から平成30年6月24日(日)まで

チラシ_表_低

掛川市二の丸美術館は、平成10年(1998年)4月に開館し、今春20周年をむかえます。

今回は記念すべき特別展として、収蔵品「木下コレクション」に「澤乃井櫛かんざし美術館」所蔵の櫛かんざしを添えて、

粋に華麗に展覧いたします。

「木下コレクション」の煙草道具を‘男の装身具‘とするのに対し、「澤乃井櫛かんざし美術館コレクション」を‘女の装身具‘とし、

双方合わせて約400点、技と美が織りなす装身具の世界をご覧いただきます。

日本人の美意識が凝縮されたこれら美術工芸品を後世に伝えるとともに、地域の芸術文化活動の一助となれば幸甚です。

 

木下コレクション「工芸品をたのしむ-小さきものみな美し-」  〈終了しました〉展示会の詳細を見る

木下コレクション「工芸品をたのしむ-小さきものみな美し-」  〈終了しました〉

開催期間
平成30年3月3日(土)から平成30年4月15日(日)まで

古来より私たち日本人は、小さくて可愛らしいものに美を見出し、愛でる心を育み大切にしてきました。

それは日常の道具に限らず、自然や小さな生物まで尊ぶ日本人の美意識の表れでもあります。
本展はまさにその美意識の凝縮とも言うべき、さまざまな“小さくて美しい小物たち”をご紹介いたします。

名前の通り“小物は小物”なのですが、江戸時代の「小物」は、何といっても美しい!そしてその造りはまさに超絶!

日常の小道具に、これほどの贅を尽くし当時の技術の粋を注ぎ込んだ作品は他には見れらません。
また今回特別に、ウニコール根付約200点も初公開いたします。希少性の高いウニコール作品が一堂に集結するまたとない機会です。
掌に納まるほどの根付は実は全方位型、小さくても見所満載です。

生活の小道具から更に小さなミクロの世界「根付」まで、日本人の美意識をもって作られた宝飾品にも負けない美しい作品を選定いたしました。
“小さきものみな美しワールド”是非ご堪能下さい。

観覧料:一般200円(20名以上の団体2割引料金)、中学生まで無料、他施設との共通セット券もございます。

 チラシ_オモテ_低  一角(鯨)_低

ウニコールとは・・・
北極海に生息する一角鯨(イッカク)の別名。ユニコーンともいいます。このイッカクの牙をウニコールと呼び、
江戸時代よりさまざまな工芸品の材や解熱薬としても用いられていました。牙本体はねじれた棒状の形態で、

全長2.5mにおよぶものもあります。現在は保護条例により捕獲制限されています。
(写真右上が展示しているウニコールの標本)

 

名品と出会う-企業コレクションによる日本近代洋画展-〈終了しました〉展示会の詳細を見る

名品と出会う-企業コレクションによる日本近代洋画展-〈終了しました〉

開催期間
平成29年12月29日(金)から平成30年2月25日(日)まで

 

 

 

日本の近代化とともにめざましく発展した洋画は、海外の芸術運動を同時代的に吸収しながら成熟します。昭和戦前期には、1930年協会や独立美術協会が結成され、多くの個性豊かな画家たちが活躍する舞台となりました。

本展は、公益社団法人糖業協会が所蔵する珠玉のコレクションを通して、独自の表現を切り開いた日本近代の洋画家たち42人の61作品をご紹介するものです。

西洋の文化の新たな潮流が押し寄せる中、日本の洋画家たちが見出した美意識と、それぞれの画家が求めた独自の表現を改めて見つめ直し、お気に入りの名画と出会う機会としていただければ幸いです。

 

 

掛川市民芸術祭 優秀作品/掛川ゆかりの美術展 スケッチ画公募作品展 同時開催〈終了しました〉展示会の詳細を見る

掛川市民芸術祭 優秀作品/掛川ゆかりの美術展 スケッチ画公募作品展 同時開催〈終了しました〉

開催期間
2017年12月7日(木)から12月24日(日)まで

本展覧会は、掛川ゆかりの画家の作品、掛川市民芸術祭優秀作品、そして9月に公募したスケッチ画を展示する3部構成となっております。第1部「掛川ゆかりの美術」展では、江戸時代の文人画家・村松以弘から、戦争で亡くなった日本画家・桑原喜八郎、掛川にアトリエを構え創作活動を行った佐々木信平、青木達弥など現代の画家に至るまで、当館収蔵品より掛川と縁のある画家の作品をご覧頂きます。

第2部では、掛川市民芸術祭より絵画、彫刻・手工芸、写真、書道の4部門の優秀作品全40点を展示します。そして第3部では、「花・動物・家族」をテーマにしたスケッチ画が、賑やかにロビーを彩ります。

日頃の皆様の芸術活動の発表と、郷土画家の作品をご覧頂く本展にぜひお越しください。

 

観覧無料

 

掛川ゆかりの美術展 展示作家

村松以弘、大久保一丘、大庭松風、小山汪水、青木達弥、桑原喜八郎、木村鐡雄、佐々木信平、柳澤紀子

 

主催 (公財)掛川市生涯学習振興公社/掛川市

後援   掛川市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、郷土新聞社

 

 

かけがわ茶エンナーレアートセレクション 大庭大介・竹廣泰介展〈終了しました〉展示会の詳細を見る

かけがわ茶エンナーレアートセレクション 大庭大介・竹廣泰介展〈終了しました〉

開催期間
平成29年10月21日(土)から平成29年12月3日(日)まで

かけがわ茶エンナーレアートセレクション

大庭大介・竹廣泰介展

偏向パールのアクリル絵具で斬新な空間を創出するアーティスト 大庭大介の作品と、信楽焼を中心にデザイン性の高い花器や壺を創作する陶芸家 竹廣泰介の作品をご紹介。

会期:2017年10月21日(土)~12月3日(日)

 

Xトリミング111001_138_画像サイズ小

引き込まれる空間 動き出すたまごたち -今堀邦子展-展示会の詳細を見る

引き込まれる空間 動き出すたまごたち -今堀邦子展-

開催期間
平成29年9月2日(土)から平成29年10月15日(日)まで

引き込まれる空間 動き出すたまごたち -今堀邦子展-

 

今堀邦子は、静岡県浜松市出身で現在は埼玉県日高市で活動を行う画家です。

東京芸術大学油画科・同大学院油画専攻では、小磯良平・田口安男両氏に師事し、制作を行いました。

40代から50代にかけて、イタリアを中心にヨーロッパに長く滞在し、主に15世紀から18世紀にかけての

壁画や油画の研究をし、そこで多視点・多焦点絵画に出会い、この技法で油彩の大作やドローイングの作品などを

描き続けています。

今堀の多視点・多焦点絵画には見るものを圧倒し、鑑賞者がスッと画面に引き込まれていくような空間性を感じます。

大きな油彩は引きをとって離れた場所から見たり、鑑賞者が移動しながら作品を鑑賞することにより、絵画の中の

たまごたちが動きを増し、作品の面白さを最大限に味わうことができます。

本点では、まるで動いているような大型の作品を始め、ドローイング等を展示いたします。

日本ではなじみのないイタリアの古典技法等をつかった作品を、ぜひ体感してください。

 

会  期 9月2日(土)~10月15日(日)

開館時間 午前9時~午後5時まで(午後4時30分最終入館)

*9月2日(土)は午後1時からの開館となります

休 館 日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

観 覧 料 一般 200円(20名以上の団体2割引)、中学生まで無料

他施設との共通セット券もございます

主  催 (公財)掛川市生涯学習振興公社 / 掛川市

後  援 掛川市教育委員会 / 静岡新聞社・静岡放送 / 中日新聞東海本社 / 郷土新聞社

 

 

今堀邦子展チラシ表

今堀邦子展チラシ裏

 

 

MOA美術館所蔵品 特別展示 黄金の茶室と現代日本美術の粋展示会の詳細を見る

MOA美術館所蔵品 特別展示 黄金の茶室と現代日本美術の粋

開催期間
平成29年7月15日(土)から平成29年8月27日(日)まで

絢爛豪華な黄金の茶室(復元)と秀吉、利休にまつわる書画、茶道具。

金工、陶芸、染織など現代に続く伝統の技と美。

T05MI1_茶室

MOA美術館は、創立者・岡田茂吉が戦後の混乱期、美術品の散逸を憂いて蒐集したコレクションの公開を目的に、昭和57年、熱海市に開館しました。その収蔵品は、日本や中国を中心とする絵画、仏教美術、陶磁器、書跡など、国宝や重要文化財を有するいずれ劣らぬ名品です。

本展覧会はMOA美術館のコレクションを二部構成でご覧頂きます。第一部は、人間国宝の作品を含む現代工芸の逸品をご紹介します。岡田茂吉は美術品の蒐集だけでなく、未来の日本美術の発展にも大きな期待を寄せていました。この度、金工、陶芸、染織、漆芸、人形作品を展示し、現代に続く伝統の技と美をご覧頂きます。第二部では、「黄金の茶室」(復元)と豊臣秀吉や千利休ゆかりの書画、茶道具を展示します。秀吉の命によりつくられた黄金の茶室は、その名のとおり室内から茶道具に至るまで金が用いられ、秀吉はここで正親町天皇に茶を献じたといわれています。

絢爛豪華な「黄金の茶室」(復元)と桃山・江戸の茶の湯に関わる美術品、そして現代に受け継がれる日本美術の粋をお楽しみください。

 

画像:黄金の茶室(復元)

 

 

大河ドラマ『おんな城主 直虎』ダイジェスト展展示会の詳細を見る

大河ドラマ『おんな城主 直虎』ダイジェスト展

開催期間
平成29年4月29日(土)から平成29年5月7日(日)まで

このダイジェスト展は「大河ドラマ『おんな城主 直虎』」の見どころと魅力を紹介します。

ドラマ用衣装をはじめ、小道具、出演者の直筆サインなどを展示します。ぜひお越しください。

会 場 : 二の丸美術館 ロビー

「名画は語る 和と洋の近・現代絵画展」鈴木始一コレクションと初公開・鈴木政昭コレクションの同時開催展示会の詳細を見る

「名画は語る 和と洋の近・現代絵画展」鈴木始一コレクションと初公開・鈴木政昭コレクションの同時開催

開催期間
2017年5月14日(日)から2017年7月2日(日)まで

掛川市二の丸美術館では平成10年の開館以来、鈴木始一氏のコレクションである近代日本絵画の数々をご紹介してきました。氏のコレクションには、横山大観・川合玉堂・竹内栖鳳など、近代日本画界の重鎮とされた画家たちが名を連ねています。作品は、華やかな花鳥画から抒情あふれる風景画まで多岐にわたり、その美しい色調と独自の世界観は、日本の伝統美を映し出すものとして、これまで多くの皆さまのご支持を得てきました。

今回はこの鈴木始一氏のコレクションに、あらたに鈴木政昭氏の洋画コレクションを合わせて展示いたします。氏は西洋美術を主軸に、ステンドグラスのほか、油彩画・版画・調度品まで多種多彩な西洋美術品を蒐集してこられました。

その中から、近現代の油彩画と版画作品を中心にご紹介いたします。

近代絵画史の中で、相違いながらも歩み寄ってきた「日本画」と「洋画」、その双方の魅力を本展でご堪能頂けましたら幸いです。

 

 

木下コレクションⅡ 蒔絵と彫金 ー明治工芸の粋ー展示会の詳細を見る

木下コレクションⅡ 蒔絵と彫金 ー明治工芸の粋ー

開催期間
平成29年3月25日(土)から平成29年5月7日(日)まで

 

木下コレクションⅡ

 

近世以降、異国文化の流入とともに西欧諸国にもたらされた日本の美術工芸品。その中でも日本特有の細緻(さいち)な技法と華やかな意匠で人気を博した漆工芸品。その美しさはヨーロッパの人々を魅了し、「漆」=“Japan”と称されました。

 

一方、金・銀・鉄・銅・錫(すず)の五金に代表される金属。これらの金属を駆使した金工芸も、漆同様日本に古来より伝わる伝統工芸品の一種です。
今回は工芸品「木下コレクション」より、この漆を基盤とした艶(つや)やかな「蒔絵」と、金属の可能性を極限まで追求した「彫金」の双方の作品をご紹介いたします。

 

作品は、幕末から明治期の蒔絵と彫金作品約60点、超絶技巧が映える装飾性の高い作品を選定しました。また、合わせて煙草(たばこ)道具や印籠(いんろう)・櫛(くし)かんざしなど、細密工芸品約200点も展示いたします。
細緻で華麗な江戸・明治工芸の粋(すい)をお楽しみ下さい。

本田健展 遠野のくらし 1987-2016展示会の詳細を見る

本田健展 遠野のくらし 1987-2016

開催期間
平成29年2月4日(土)から平成29年3月20日(月・祝)まで

民俗学者・柳田國男(1875-1962)の『遠野物語』や、民話のふるさととして広く知られる岩手県遠野市。この遠野の築180年の古民家で、山里の風景や暮らしを描く本田健の展覧会を開催します。
本田は20代の終わりにふと立ち寄った遠野の自然や人に魅了され、そこで本格的な創作活動を開始します。チャコールペンシルの線を幾重にも重ね、丹念に描かれた緻密な作品は、移りゆく景色の一瞬をまるでモノクロ写真のようにその画の中にとどめています。山中の小径を描いた横5mを越える大作は、見るもの自身がその景色の中に入り込んだかのように感じさせます。
本展覧会では、代表作であるこれらチャコールペンシルのドローイングに加え、文字や図形などをモチーフとしたカラフルな油彩画、そして近年制作された野菜や草花を中心とする油彩画を展示します。
本田が見つめ続けた遠野の原風景を、掛川でぜひご覧ください。

特別企画 杉山明博・光子-華やぎの物語展- あかりの造形 100のあかりの共演/愛とかがやきの詩    白と黒の世界展示会の詳細を見る

特別企画 杉山明博・光子-華やぎの物語展- あかりの造形 100のあかりの共演/愛とかがやきの詩    白と黒の世界

開催期間
平成28年12月10日(土)から平成29年1月29日(日)まで

a3表 a3チラシ1

 

函南町在住の造形家・杉山明博氏と画家・光子氏による展覧会です。

静岡発祥と言われる突き板と駿河指物の技術も用いた「木のあかり」作品100点と絵画作品で、華やぎの物語のあるくらしを提案します。

 

入館料:一般500円・中学生以下無料

※まる得パスポートをお持ちの方は別途200円が必要となります。

 

主催:(公財)掛川市生涯学習振興公社/ 掛川市/ 静岡新聞・静岡放送

協力:掛川城公園管理事務所・竹の丸

大杉弘子  ME DE CHANGER (ム ドゥ シャンジェ 移りゆくわたし)展示会の詳細を見る

大杉弘子  ME DE CHANGER (ム ドゥ シャンジェ 移りゆくわたし)

開催期間
9月10日(土)から10月30日(日)まで

例えば”忌”という文字が書いてあると、辺りが結界を張られたように厳粛な気が漂う。

文字って、そういうエネルギーを持っていると思う。そこに精霊がいる感じ。文字霊が宿っている。

だから、そういうものが呼び出され”山”を書くなら、その”山”の精霊に正しくエネルギーが伝わって、波動を感じて書かないとダメ。

自然の万物の姿を写したところから発生した文字。

自分を通して文字霊を呼び出したとき、文字は最初に生み出された頃の記憶を呼び覚ます。

特に甲骨文字は起源に近い姿であるため、感応も鋭くなる。文字にのめり込み、吸い込まれ、原点の記憶を思い出させ、文字霊を呼び出す。

開催期間
7月16日(土)から9月4日(日)9:00~17:00まで

■休館日■

毎週月曜日(7月18日(祝月)は開館、翌日19日(火)は休館)

 

 

■展覧会概要■

静岡県浜松市在住の現代美術家・川邉耕一さんの展覧会を開催いたします。

川邉さんは、和歌山県の自然豊かな田舎で少年時代を過ごしました。彼の祖父母の古い家の漆喰壁や土壁には、引っ搔きキズやシミが無数にあったそうです。その壁の中で踊っているような、偶然にできたキズやシミに面白さを感じ、飽くことなく眺めていた経験などが、現在のワークスタイルの原点のひとつになっていると言います。

15年ほど前から、見慣れてありきたりだと思っていたものの中から、新たな制作の糸口として「ひらがな」に注目し、作品を描いています。近年は、その作品から得も言えぬ生命の躍動感や、生命の基となる種の浮遊感に焦点を当て、「森のかたち」というテーマで展覧会を行っています。

今回の展覧会では、2点の新作も展示されます。二の丸美術館の第一展示室の空間に合わせて2016年に新たに制作された《Floating717-79》は、16枚のキャンバスがつなげられた大作です。高さ3.8m×幅12.9mの圧巻の大きさで、見る者を魅了します。

 

 

■川邉耕一 絵画コンセプト■

描く上で、要素を最小限に絞り込み、絵画の“平面”生を常に意識していく中で、イリュージョンと平面的要素を混在させながら新しいイメージの絵画空間を創り出していきたい。

幼いころから壁や床などにできている引っ掻きキズやシミ等、偶然にできた形を見て興味を持ってきた。平面に表出されたそれらのキズと壁の存在感に魅かれながら、ここ15年、見慣れて、ありきたりと思っていた「ひらがな」を記号化し、その線の反復と対比を試み、線と面の関係性に注目して制作をしている。

川邉耕一

木下コレクション 1 「細密工芸品尽くし」展示会の詳細を見る

木下コレクション 1 「細密工芸品尽くし」

開催期間
6月4日(土)から7月10日(日)まで

「木下コレクション」は、掛川市出身の実業家、故木下満男氏から寄贈された約2,000点にも及ぶ工芸品のコレクションです。

作品は、江戸から明治・大正期の細密工芸品をはじめ、蒔絵・彫金・書軸画まで多岐にわたります。中でも、たばこ道具を主軸とした細密工芸品が充実しています。細密工芸品とは、江戸・明治期に人々が身に付けていた装身具を示します。

たばこ入れや印籠・櫛かんざし・刀装具といった装身具があげられますが、これらは実用品でありながら「用の美」つまり装飾性も兼ね備えたアクセサリーでも

ありました。

手の平ほどの空間には贅を尽くした超絶技巧が施され、匠の技と日本人の美意識をうかがい知ることができます。

本展は「木下コレクション」の多彩なジャンルより、約300点の逸品を公開しております。繊細で華麗な江戸・明治工芸の粋をお楽しみ下さい。

鈴木コレクション「近代日本画展」展示会の詳細を見る

鈴木コレクション「近代日本画展」

開催期間
4月16日(土)から5月22日(日)まで

「鈴木コレクシション」は、掛川市出身の実業家、故鈴木始一氏から寄贈された近代日本画のコレクションです。

氏は、掛川市内に工場を持ち、製袋業の発展に尽力されるかたわら、近代日本画の美術品を数多く収集されました。

コレクションは、横山大観・竹内栖鳳・河合玉堂・福田平八郎など、明治・大正・昭和期を代表する巨匠たちの作品44点で構成されています。

本展では、コレクションのうち約30点を選定し展示いたしました。近代画家たちの足跡を辿るともに、当時の歴史や文化、さらには日本画の持つ繊細な美しさを感じて頂ければ思います。

静岡県掛川市二の丸美術館

  • 〒436-0079 静岡県掛川市掛川 1142番地の1
  • TEL:0537-62-2061 FAX:0537-62-2062
  • お知らせ
  • 美術館について
  • ご利用案内
  • 展覧会
  • 所蔵品
  • ミュージアムサポーター
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 個人情報の取り扱い
  • Twitter
  • Facebook

Copyright 2016 Kakegawa Ninomaru Museum all right reserved.